2017年5月15日月曜日

比較教育学会ラウンドテーブルのご案内

6月23日から25日まで東京大学で開催される日本比較教育学会第53回大会では、今年も北欧諸国の教育に関するラウンドテーブルが設けられます。

ラウンドテーブル以外にも、北欧に関する個人発表が複数予定されていますので、ご関心のある方はぜひご参加ください。
プログラムはこちらです。
http://www.gakkai.ne.jp/jces/taikai/53/programme.pdf

大会参加費は、正会員・臨時会員5,000 円(事前振込4,000 円)、学生会員4,000 円(事前振込3,000 円)です。

ラウンドテーブルは6月23日(金)18:00~20:00、会場は東京大学本郷キャンパス法文1号館です。

詳細は以下のとおりです。
********************************
教育の「北欧モデル」は存続するか? 各国の状況、事例から

企画者:佐藤裕紀
司会:太田美幸
発表者:澤野由紀子、渡邊あや、原田亜紀子、佐藤裕紀

北欧諸国の教育政策において OECD や EU の影響力が増している。国際競争力を高める立場からの学力観の見直し、学力評価の重視、教育の国際化、ヨーロッパ化、 新自由主義的手法による改革が進行する中、教育の北欧モデルは存続しうるのだろうか。本企画では、この問いに対する各国の状況を報告し、新たな北欧的方法の可能性を議論したい。
*********************************

2017年4月17日月曜日

研究会のご案内(2017年5月)


5月の例会を下記の通り企画しましたので、ぜひご参加ください。
なお、会場準備の都合により、参加を希望される方は事前に申し込みをお願いします。

【日時】 2017年5月14日(日)11:00~18:00

【場所】 信州大学教育学部 (最寄駅: JR北陸新幹線「長野」駅) N104教室(講義棟)
      http://www.shinshu-u.ac.jp/guidance/maps/map01.html

【内容】①前半11:00~11:30 後半15:20~16:50 【読書会】*
    (参考: http://nordiskutbildning.blogspot.ie/2016/07/blog-post.html)
    翻訳担当の方は説明と議論が30分程度でできるように資料をご準備ください。
            ②11:30~12:30 【打合せ】 比較教育学会ラウンドテーブルについて
            ③14:00~15:00 【研究報告】 林寛平さん(信州大学)・林良平さん(東海大学)
             「大規模国際アセスメントが政策多様性に与えるインパクトに関する分析」

*読書会について

書籍: Moos L. et al. (2013)Transnational Influences on Values and Practices in Nordic Educational Leadership: Is there a Nordic Model? Springer. ISBN: 9400762259
5) Norway: Centralisation and Decentralisation as Twin Reform Strategies, Møller, Jorunn (et al.), Pages 61-72(長谷川)
6) Sweden: Centralisation and Decentralisation as Implementation Strategies. Holmgren, Mikael (et al.), Pages 73-85(中澤)
7) Independent Schools in Different Nordic Contexts: Implications for School Leadership?, Skott, Pia (et al.), Pages 89-111(澤野)
8) Leadership for Democracy, Moos, Lejf (et al.), Pages 113-131(原田)

【申込方法】 参加をご希望の方は、5月7日(日)までに下記申込フォームにご記入ください。https://goo.gl/forms/oWbX1cAqtQDe7WeK2
    
※オンラインによる参加も歓迎します。オンライン参加の場合、SkypeのIDをお知らせください。
※前泊・後泊等の手配はご自身でお願いします。最近駅前に「ドーミーイン」と「東急REIホテル」ができました。

初めての方も、お子様連れの方も大歓迎です。
みなさまのお申し込みをお待ちしております。

2016年12月21日水曜日

研究会のご案内(2017年2月)

2月の例会を下記の通り企画しましたので、ぜひご参加ください。
なお、会場準備の都合により、参加を希望される方は事前に申し込みをお願いします。

【日時】 2017年2月26日(日) 13:00~16:00

【場所】 聖心女子大学 (最寄駅: 地下鉄日比谷線「広尾」駅) 2号館2階 教育学科会議室(予定)
      https://www.u-sacred-heart.ac.jp/access/index2.html#_4
  
【報告】 今回は以下の文献の読書会をします。
           (参考: http://nordiskutbildning.blogspot.ie/2016/07/blog-post.html)
            翻訳担当の方は説明と議論が30分程度でできるように資料をご準備ください。

書籍: Moos L. et al. (2013)Transnational Influences on Values and Practices in Nordic Educational Leadership: Is there a Nordic Model? Springer. ISBN: 9400762259
  1. Prelude: Tuning the Instrument, Moos, Lejf, Pages 1-16 (全員)
  2. Denmark: New Links Between Education and Economics, Moos, Lejf (et al.), Pages 19-30(児玉)
  3. Educational Leadership in Finland or Building a Nation with, Uljens, Michael (et al.), Pages 31-48(小林)
  4. Transnational Influence and Educational Policy in Iceland, Hansen, Börkur, Pages 49-60(林)

【申込方法】 参加をご希望の方は、2月16日(木)までに下記申込フォームにご記入ください。https://goo.gl/forms/il2joFnb3X0ri7FP2
    
※オンラインによる参加も歓迎します。オンライン参加の場合、SkypeのIDをお知らせください。オンライン参加が多い場合には、SkypeからGoogle Hangoutに変更する場合があります。
※お申込みいただいた方には後日受付メールを送信いたします。入構に際して証明を求められた場合には、北欧教育研究会に参加する旨を伝え、受付メールをご提示ください。

研究会後に懇親会を予定しています。
参加を希望される方は、上記の申込フォームにてお申し込みください。

初めての方も、お子様連れの方も大歓迎です。また、懇親会のみの参加も歓迎します。
みなさまのお申し込みをお待ちしております。

2016年8月27日土曜日

研究会のご案内(2016年9月)

9月の例会を下記の通り企画しましたので、ぜひご参加ください。
なお、会場準備の都合により、参加を希望される方は事前に申し込みをお願いします。

※9月16日(金)の締切り時点で参加申込者が少なかったため、延期することになりました。

【日時】 2016年9月23日(金) 13:00~15:00

【場所】 聖心女子大学 (最寄駅: 地下鉄日比谷線「広尾」駅) 2号館2階 教育学科会議室(予定)
      https://www.u-sacred-heart.ac.jp/access/index2.html#_4
  
【報告】 今回は以下の文献の読書会をします。
           (参考: http://nordiskutbildning.blogspot.ie/2016/07/blog-post.html)
            翻訳担当の方は説明と議論が30分程度でできるように資料をご準備ください。

書籍: Moos L. et al. (2013)Transnational Influences on Values and Practices in Nordic Educational Leadership: Is there a Nordic Model? Springer. ISBN: 9400762259
  1. Prelude: Tuning the Instrument, Moos, Lejf, Pages 1-16 (全員)
  2. Denmark: New Links Between Education and Economics, Moos, Lejf (et al.), Pages 19-30(児玉)
  3. Educational Leadership in Finland or Building a Nation with, Uljens, Michael (et al.), Pages 31-48(小林)
  4. Transnational Influence and Educational Policy in Iceland, Hansen, Börkur, Pages 49-60(林)

【申込方法】 参加をご希望の方は、9月15日(木)までに下記申込フォームにご記入ください。https://goo.gl/forms/il2joFnb3X0ri7FP2
    
※オンラインによる参加も歓迎します。オンライン参加の場合、SkypeのIDをお知らせください。オンライン参加が多い場合には、SkypeからGoogle Hangoutに変更する場合があります。
※お申込みいただいた方には後日受付メールを送信いたします。入構に際して証明を求められた場合には、北欧教育研究会に参加する旨を伝え、受付メールをご提示ください。

初めての方も、子連れの方も大歓迎です。
みなさまのお申し込みをお待ちしております。

2016年7月16日土曜日

読書会と翻訳企画へのお誘い

北欧教育研究会では、以下の書籍の読書会を企画しました。
読書会では、各章ごとに分担して全訳を持ち寄り、検討したいと考えています。

つきましては、2)から12)のうち、翻訳を希望する章がありましたら、事務局までお知らせください。(早い者勝ちで決めさせていただきます)(全章担当者が決まりました)

元来「北欧ファンクラブ(hokuofc)」という位置づけですので、あまり堅苦しくとらえずに、北欧の教育について一緒に学んでいきたいと思っています。翻訳初心者の方でもぜひお気軽にご参加ください。

書籍: Moos L. et al. (2013)Transnational Influences on Values and Practices in Nordic Educational Leadership: Is there a Nordic Model? Springer. ISBN: 9400762259

1) Prelude: Tuning the Instrument, Moos, Lejf, Pages 1-16
2) Denmark: New Links Between Education and Economics, Moos, Lejf (et al.), Pages 19-30(児玉)
3) Educational Leadership in Finland or Building a Nation with, Uljens, Michael (et al.), Pages 31-48(小林)
4) Transnational Influence and Educational Policy in Iceland, Hansen, Börkur, Pages 49-60(林)
5) Norway: Centralisation and Decentralisation as Twin Reform Strategies, Møller, Jorunn (et al.), Pages 61-72(長谷川)
6) Sweden: Centralisation and Decentralisation as Implementation Strategies. Holmgren, Mikael (et al.), Pages 73-85(中澤)
7) Independent Schools in Different Nordic Contexts: Implications for School Leadership?, Skott, Pia (et al.), Pages 89-111(澤野)
8) Leadership for Democracy, Moos, Lejf (et al.), Pages 113-131(原田)
9) The Professionalisation of Nordic School Leadership, Uljens, Michael (et al.), Pages 133-157(本所)
10) Successful Nordic School Leadership, Moos, Lejf (et al.), Pages 159-172(佐藤)
11) Local Decisions Under Central Watch: A Nordic Quality Assurance System, Johansson, Olof (et al.), Pages 173-192(松田)
12) The Nordic Superintendents’ Leadership Roles: Cross-National Comparison, Nihlfors, Elisabet (et al.), Pages 193-212(太田)
13) Postlude: Wrap Up of the Argument, Moos, Lejf, Pages 213-223

なお、第一回の読書会は9月23日(金)10:00から、聖心女子大学で行う予定にしています。
多くの方のご参加をお待ちしております。

連絡先: 北欧教育研究会 事務局 hokuofc@gmail.com

北欧教育学会(NERA2017)大会のご案内

北欧の教育学関係者が参加する北欧教育学会(Nordic Educational Research Association; NERA)の第45回大会が2017年3月にデンマークのコペンハーゲンで開催されます。
ご関心のある方は、ぜひご参加ください。

大会ウェブページ http://nera2017.org/

日程: 2017年3月23日~25日
場所: コペンハーゲン(デンマーク)
大会テーマ: Learning and education – material conditions and consequences

締切等の日程
2016年9月15日 発表要旨受付開始、参加受付開始
2016年11月1日 発表要旨提出締切
2016年12月15日 発表採否通知
2017年1月15日 事前割引締切
2017年3月23日~25日 大会

2016年5月13日金曜日

比較教育学会ラウンドテーブルのご案内

6月24日から26日まで大阪大学で開催される日本比較教育学会第52回大会では、今年も北欧諸国の教育に関するラウンドテーブルが設けられます。

今回は緊迫する欧州難民危機における各国の対応に焦点を当てて、他地域の状況と比較しながら議論します。

ラウンドテーブル以外にも、北欧に関する個人発表が複数予定されていますので、ご関心のある方はぜひご参加ください。

プログラムはこちらです。
http://www.gakkai.ne.jp/jces/taikai/52/programme.html

大会参加費は、正会員5,000 円(事前振込4,000 円)、学生会員・臨時会員4,000 円(事前振込3,000 円)です。

ラウンドテーブルは6月24日(金)18:30~20:30、会場は大阪大学豊中キャンパスです。

詳細は以下のとおりです。

********************************
欧州難民危機における子どもの学習権保障に向けた各国の対応

会場 未定

企画者・司会 林 寛平(信州大学)
発表者    有江 ディアナ(大阪大学大学院) 
       小山 晶子(東海大学) 
       辻野 けんま(上越教育大学) 
       本所 恵(金沢大学) 
       二井 紀美子(愛知教育大学) 
指定討論者  斎藤 里美(東洋大学)

 欧州難民危機では100万人超が流入し混乱をもたらしている。移民対応の経験豊富な英仏(小山会員)、最終目的地と目されるドイツ(辻野会員)とスウェーデン(本所会員)、受入れに消極的なスペイン(有江会員)の動向を報告し、日本における外国人・移民をめぐる議論(二井会員)に照らしながら、子どもの学習権保障に向けた課題を検討する。
*********************************